ミルはおいしいコーヒーに欠かせないコーヒーグッズ

コーヒーの味を左右するのが、コーヒー豆です。


コーヒー粉は手軽なので利用しやすいものの、豆の状態と比べて酸化しやすいので味や香りの劣化が早くなります。コーヒーにこだわりたいなら、飲む量だけの豆をその都度挽いて淹れたいものです。

All Aboutはとにかくお勧めです。

コーヒーグッズは様々な種類がありますが、挽きたての豆から淹れるコーヒーを味わいたいなら、ミルは欠かすことができないコーヒーグッズです。



ミルには、手動式と電動式があります。

手動式はハンドルを回す際に力が必要で、時間もかかりますが、豆を挽く音と挽いた豆の芳香を楽しみたい人にはおすすめです。
また、デザインが凝ったものも多く、コレクターからも人気があります。そして、手動式は摩擦熱が発生しづらいので、香り高いコーヒーを淹れることができます。

電動式は人数が多い時や時間がない時、すぐに飲みたい時などにとても便利です。フードプロセッサーで代用することも可能ですが、同じ電動でもコーヒーグッズとして販売されているコーヒーグラインダーの方が機能性に優れています。
電動式のミルを大きく分けると、カッター式、グラインド式、コニカル歯式があります。

カッター式はフードプロセッサーに近い形のものです。コンパクトで置き場所に困らず、手頃な価格なので、初心者にはおすすめです。

グラインド式は、均等に豆を挽くことができるのが特長です。


機械によって性能に差がありますが、高級ラインでは、粒子が揃うよう豆を挽くことができるので、雑味のないコーヒーになります。


コニカル歯は、エスプレッソ用の豆を挽くことができます。ゆっくり回転するので、豆に熱が伝わらず、香りの高さを保つことができます。